シンプルであることを逆に活かす

ワンルームは非常にシンプルで、インテリアに適していないイメージがあります。
しかし、シンプルであることを逆に活かすこともできるので、やり方次第では広い部屋よりもオシャレにすることもできるのです。

まずは収納をして綺麗な状態に

まずは、今部屋にある物をできるだけ収納して、綺麗な状態にするようにしましょう。
配線なども見えないようにして、まずは全体的な見た目を美しくする必要があるのです。

豪華な物を置かなくても

さて、部屋を綺麗な状態にしたら、置物であったり照明器具などを設置するわけですが、決して豪華な物を置く必要はありません。
ホームセンターや家電量販店で売られているような、数百円から数千円程度の物で構わないのです。
大事なのは、何をどのように設置するかですから、豪華であればいいわけでもないですし、逆に全て安い物でも素晴らしい部屋にできるものなのです。

自分オリジナルのやり方でインテリアを

ワンルームのインテリアは、何を置けばいいのか、どうすれば良くなるか、正解があるわけではありません。
ですから、ある程度は雑誌やネットなどを参考にしても、あくまでも自分オリジナルのインテリアを作ることが大事なのです。

なるべくお金をかけずに過ごす

ワンルームであっても、やり方一つで凄く見た目が良くなりますし、とっても過ごしやすい環境になると思います。
もちろん、できるだけお金はかけたくないでしょうから、低予算でワンルームを良くすることが重要となります。

インテリアをどうするか

見た目を良くする上で大事となるのがインテリアです。
インテリアというのは、決してお金をかければ良くなるものではなく、逆に低予算でもとても綺麗なインテリアを作ることができるのです。
ホームセンターなど身近に売られている物を使用することで、立派な部屋にすることもできるのです。

綺麗に整頓することが大前提

ただ、インテリア云々以前に、部屋を綺麗に整頓することが大前提となります。
当たり前ですが、部屋が散らかっている状態では、とても見た目は良くなりませんから。
たくさん収納できる家具を購入し、できる限りそこにまとめて収納するようにしましょう。

大まかなイメージ図を書いてみる

いきなり取り組もうとしても、失敗してしまう可能性もありますから、始める前に大まかなイメージ図を書いてみるようにして、ある程度プランを立てておくといいでしょう。

ワンルームは家賃が高ければ意味がない

ワンルームに住んでる人の多くは、家賃をできるだけ抑えたいことが理由だと思います。
もちろん、ワンルームと言えども部屋はオシャレにしたいでしょうが、そのためには家賃はできるだけ安くないといけませんし、ワンルームで家賃が高ければ全く意味がないのです。

まずは相場を確かめる

そもそも、どれぐらいの家賃なら安いのか高いのか、素人では分からない部分も多いと思います。
そのため、まずは家賃の相場を確かめるようにして、それを基準にして家賃の安い物件を探しましょう。

いくら家賃が安くても

ただ、いくら家賃の安いワンルームでも、あまりに住むには適していない環境であれば、避けた方がいいでしょう。
確かに安さも大事かもしれませんが、ある程度は快適に過ごせることも考慮しないといけないのです。

家賃以外にも目を向ける

当然ですが、家賃以外でも敷金や礼金、光熱費の相場であったり、ネット通信があるかどうかなど、しっかりと目を向けるようにしましょう。

いろんな小物を置いてみよう

ワンルームをお洒落にしたいと思っても、あまりお金をかけられない人が大半だと思います。
そもそも、お金があまりないからこそ、ワンルームを賃貸しているわけですから、お洒落にしたいからと言ってお金をたくさんかけられるはずもないのです。
そんな時は、いろんな小物を置いてみて、ワンルームをお洒落にしてみるといいでしょう。

安い物でも見た目は良くできる

たとえ数百円程度の安い小物であっても、見た目を良くすることは十分可能なのです。
配置方法や色合いなどを考えて置けば、インテリアにも劣らないぐらいお洒落な部屋にすることもできるのです。
ですから、限られた予算でワンルームを素晴らしい光景にするには、小物の存在は欠かせないのです。

ポスターなども活用する

また、小物以外でも例えばポスターなども、部屋の魅力を引き立ててくれると思います。
あまり派手なポスターよりも、シンプルな感じのポスターの方が、お洒落な風景をサポートしてくれることでしょう。